文教の杜アーカイブス

冬の収蔵品展

文教の杜ながいに収蔵された資料を紹介する展覧会シリーズ。冬を主題に描かれた美術品を中心に紹介します。

文教の杜ながいでは、長井市の書画や骨董品を収蔵し、その調査や利活用を行っています。今回は、冬をテーマにした山水画を中心に、長井市宮原の美術画廊「翠雲山房」からも作品をお借りして展示しています。

長井の地形は、西山と東山に囲まれ、最上川が流れる理想的な環境。長沼孝三が生まれ育ったこの地は、「長井の心」と称され、南画家の菅原白龍や洋画家の渋谷円吉、不屈の版画家・菊地隆知などを輩出しました。

展覧会では、郷土出身の芸術家たちの作品を通じて、冷たい冬風のなかで育まれた長井の文化をお楽しみください。

□ 2023/12.1(Fri)ー28(Tue) ※休館日:月曜日

□ 10:00ー17:00|入館は16:30まで

□ 丸大扇屋(内蔵・新蔵)


STATE OF EXHIBITION


ダウンロード
文教の杜アーカイブス|冬の収蔵品展
WINTER_CHIRASI.jpg
JPEGファイル 5.9 MB

FOLLOW US


一般財団法人 文教の杜ながい

長沼孝三彫塑館・県指定文化財 丸大扇屋・市指定文化財 小桜館

〒993-0086 山形県長井市十日町1-11-7 TEL:0238-88-4151 FAX:0238-88-4045