· 

ながい雪灯り回廊まつりに参加しました

長沼作品が「芸術の小径」に浮かび上がる
長沼作品が「芸術の小径」に浮かび上がる

2月5日に開催されましたながい雪灯り回廊まつりに際し、文教の杜エリアでも光の演出を実施しました。

文教の杜では、「歴史の小径と芸術の小径をめぐる」をテーマに十日町エリアと丸大家屋敷の東側にある板塀沿いの小径に灯りを設置。

東講商人鑑に掲載の屋号を印刷した行燈と、長沼孝三の彫刻写真を印刷した行燈とで、通りをほのかに照らしました。

店北側から
店北側から
あいにくの猛吹雪で、火のろうそくは消えてしましました
あいにくの猛吹雪で、火のろうそくは消えてしましました
採掘の道具を駆使して丸大の屋号を刻む市職員
採掘の道具を駆使して丸大の屋号を刻む市職員
細部まで手を抜かないこだわりの雪灯籠
細部まで手を抜かないこだわりの雪灯籠
文教スタッフと市職員とで協力してスノーランタン制作
文教スタッフと市職員とで協力してスノーランタン制作
68mに渡る板塀沿いの小径は手掘りの努力作
68mに渡る板塀沿いの小径は手掘りの努力作
ほんの20秒ほどの点灯
ほんの20秒ほどの点灯
こちらはLEDライトで消えずに点灯していました。
こちらはLEDライトで消えずに点灯していました。

文教の杜としては今回が初参加でした。あいにくの天候で思うように火がつかない中でしたが、次年度以降につながる試みができました。今後も様々な事業を通じて町の賑わいに参加してまいりたいと思います。